ケアナノパックの体験レビュー

毛穴パックのやり過ぎにはご注意を

私がこれまで歩んできた24年間の人生には毛穴トラブルが付き物でした。

 

自分の毛穴トラブルに気づいたのは当方12歳の時、同級生に毛穴の黒ずみを指摘されたのです。

 

当時の私といえば、小学生女子であるにも関わらず、一日の習慣であるはずの洗顔を怠っていました。その結果、毛穴に汚れがどんどん蓄積され、いつしか毛穴だと見てはっきり分かるくらいに黒ずみがひどくなっていました。

 

悩んだ末、中学校に上がったと同時に、私は毛穴パックを始めることにしました。

 

毛穴パックは薬局にどこにでもあるようなものをチョイスしました。毛穴パックを初めて使用した時、パックシートに毛穴の汚れが樹木のようににょきにょきと生えているのを見るのが快感になってしまい、よせばいいものを、毛穴パックを毎日のように使ってしまいました。

 

そして、今に至ります。

 

お蔭で年がら年中毛穴は開きっぱなし。毛穴には、パックでも手に負えないレベルで常時汚れが溜まっており、典型的なイチゴ鼻になりました。今でも時々、当時の自分の行いを悔いることがあります。

 

皆さまも毛穴パックのやり過ぎにはくれぐれもご注意を。

 

出来ればやらない方がいいです。

 

毛穴が黒ずんだら、地道に洗顔することが良策かと思われます。

 

ニキビから始まるやっかいな毛穴肌

 

 

いつも毛穴がゼロの綺麗な肌になりたいというのが私の切実な願いです。

 

でも現実は毛穴だらけの肌。最近年齢が上がってくるにつれ更に毛穴が目立つ様になったかなと感じます。

 

高校生から繰り返しているニキビ。

 

最近はニキビが出来る頻度が大分減りましたが、洗顔中に出来たニキビを指で潰してしまい血が出て、毛穴が出来て、朝はその上にファンデーションをのせ、よく洗顔をしているつもりですが取り切れていない汚れが毛穴に残り毛穴は開きっぱなしの悪いサイクルが出来上がっている気がします。

 

肌が白く毛穴が全くない綺麗な肌を持っているだけでとても人は美人に見えます。

 

そんな肌を持っている人を見ると本当にうらやましく感じてしまいます。以前にエステサロンでピーリングを受けて毛穴の汚れを取り、肌が引き締まった感じがしましたがまた気付くとニキビが出来て毛穴が出来てしまいました。

 

ピーリングは肌に刺激が強い気がしてまたしようかなという気はおきません。

 

最近は洗顔後の保湿をしっかりし肌を乾燥させない様に頑張っています。そうすることで皮脂も余分に出ることなく毛穴も広がりません。目指せ毛穴ゼロの肌。