ケアナノパックの体験レビュー

寝不足は毛穴トラブルを招く?スキンケアより大事なのは質の良い睡眠

毎日きちんとスキンケアをしているのになんだか肌の調子がよくない、ベタつく気がするなんてことありませんか?それはもしかして、睡眠不足のせいかもしれません。
ちょっとくらい睡眠が足りないからって大丈夫でしょ?とお思いかもしれませんが、睡眠は肌や毛穴にとって、毎日のスキンケアと同じくらい大切なことです。
ここでは睡眠不足が肌や毛穴に与える影響について詳しく説明しています。睡眠の大切さについて知ったら、今日はさっそく早めに眠りにつきましょう!

 

睡眠不足はなぜ肌や毛穴にとって良くないの?

それではなぜ睡眠が足りないことは、肌や毛穴にとって良くないことなのでしょうか?いくつかの理由があります。

睡眠時間が足りないと交感神経が休まらない

睡眠時間が足りないと交感神経が休まらず、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
交感神経が優位にあるというとは、心身が常に緊張状態にあるということ。一方、寝ている間は副交感神経が優位にあり、疲労回復や新陳代謝が正常に行われます。つまり睡眠が足りない状態では、新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーの周期も乱れてしまうということです。
ターンオーバーがうまくいかないと、古くなった角質が肌の上に残ってしまい、肌は透明感を失いくすみが目立つようになります。

 

睡眠時間が足りないと成長ホルモンが十分に分泌されない

睡眠中は成長ホルモンの分泌が高まります。成長ホルモンと聞くと、子どもが大きくなる時に分泌されるホルモンのように思いがちですが、大人の私たちにも分泌されているのです。
成長ホルモンの働きには2つあります。

  1. 細胞の新陳代謝を促す
  2. 睡眠時間が足りないと細胞の新陳代謝がうまく行われず、肌のターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

  3. 女性ホルモンの分泌を促す
  4. 睡眠時間が足りないとホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌を促進する男性ホルモンが優位になります。

つまり睡眠不足ではターンオーバーが乱れてしまい、皮脂の分泌が過剰になってしまうということ。本来はがれ落ちるはずの古い角質が肌に残り、皮脂と混ざって毛穴が詰まってしまうかもしれません。

 

睡眠時間が足りない人はメイクしている時間が長い傾向がある

睡眠時間が足りない場合、寝る時間が遅いことが多いものです。つまりメイクしたままの状態でいる時間が長い傾向にあると言えるでしょう。
長い間メイクしたままでいるとメイク汚れなどが酸化してしまい、毛穴が詰まってしまうことにもなりかねません。もちろんメイクしたまま寝てしまうなんて、もってのほか!いつまでもメイクを肌にのせていることは、肌や毛穴にとって大きなダメージとなります。

 

肌や毛穴のための質の良い睡眠をとるためには?

肌や毛穴のためには、ただ眠ればいいものでもありません。です。肌や毛穴のための睡眠にはいくつかのコツがあります。

 

睡眠の量と寝るタイミング

まず何よりもしっかりと睡眠をとることが大切です。ようにします。しかしふだん睡眠不足だからと、寝溜めしたところで効果はありません。毎日きちんと眠るようにしましょう。
また気をつけたいのが、寝るタイミングです。
成長ホルモンが多く分泌されるのが午後10時から午前2時の間で、ゴールデンタイムと呼ばれています。できるだけ、この時間帯には熟睡しているようにしましょう。

 

清潔な寝具

寝具が清潔でない場合、肌はダメージを受けてしまいます。寝具についた菌やホコリなどが原因でニキビができたりアレルギーが出てしまったりすることも。
寝ている間は思いのほか、汗をかくものです。できるだけ寝具はこまめに洗うようにしましょう。

 

ストレスや不安感をとり除く

質の良い眠りのためには、ストレスや不安感をとり除くことも必要です。ストレスが溜まったり不安なことがあったりするとなかなか寝つけなくなることも。ストレスが原因の不眠は、さらにストレスを呼び悪循環となってしまいます。
適度な運動はストレス解消にも効果があります。また汗をかき新陳代謝も促すので、肌や毛穴にとってもおすすめです。
ぐっすりと眠るために、お気に入りの寝具やパジャマを用意したりアロマにこだわってみたりするのも良いでしょう。

 

寝ている間に美肌はつくられる

肌や毛穴にとって睡眠不足は大敵です。もちろん疲労が回復しないなど、体や脳にとっても良いことは何もありません。
ケアナノパックは一日の終わりに塗るだけで、寝ている間に毛穴ケアができてしまいます。たっぷり含まれる美容成分がじんわりと毛穴にアプローチしてくれるのがうれしいですね。
さっそく今日から早めの睡眠を心がけてみませんか?