ケアナノパックの体験レビュー

要注意!30代の毛穴ケアはプラスアルファが必要!

肌の悩みは年齢に関わらずなかなか尽きませんよね。30代になると、それまでとは違った悩みが出てくることも。特に毛穴トラブルが多くなってくることも、30代の肌悩みの特徴です。
それでは30代ではそれまでの毛穴トラブルとどのように違うのでしょうか?ここでは30代に多く見られる毛穴トラブルについて説明しています。原因を知ってきちんとケアすることで、年齢を感じさせない健やかな肌を目指しましょう。

 

毛穴の役割とは?

毛穴は皮脂を分泌することによってさまざまな役割を果たします。

  1. 皮脂を分泌し肌を外的刺激から保護する
  2. 皮脂を分泌することで肌を乾燥から守る
  3. 汗や皮脂とともに老廃物を排出する
  4. 分泌された皮脂が肌を清潔に保つ

このように毛穴は肌を健やかに保つために多くの役割を持っています。つまり毛穴が正常に機能していないと、肌トラブルへ直結してしまうということです。
それでは毛穴トラブルにはどのような種類があるのか見ていきましょう。

 

毛穴トラブルの種類

毛穴トラブルにはいくつかの種類があります。20代には黒ずみ毛穴、30代にはひらき毛穴やたるみ毛穴が多く見られます。

20代に多いのは黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴は皮脂やほこり、落としきれなかったメイク汚れなどが毛穴に詰まり、表面が酸化して黒くなってしまった状態です。
ごしごしと洗顔して肌へ強い刺激を与えたり、保湿が十分でなかったりすることで肌が乾燥してしまうことで毛穴から皮脂が過剰に分泌されることや、きちんと汚れを落としきれていないことが原因です。

 

30代に多いのはひらき毛穴・たるみ毛穴

ひらき毛穴は、肌のうるおい不足でハリが失われることにより毛穴が目立ってしまっていたり、インナードライ肌で皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が広がっていたりする状態です。原因は、水分や保湿が不足していることです。
たるみ毛穴は、縦長の楕円形に広がってしまっている状態です。加齢により肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少して肌の弾力が失われてしまうことや、保湿が足りないことが原因です。
たるみ毛穴を放っておくと、毛穴が連結して帯状毛穴となりシワのようになってしまうので早めに対策しましょう。

 

正しいケア方法

30代の毛穴トラブルは、スキンケアと食事からのアプローチで対策しましょう。
スキンケアのポイントは、レチノールやビタミンC誘導体を配合する美容液などでコラーゲンやエラスチンを修復することと、セラミドやヒアルロン酸を含む乳液やクリームなどでしっかりと保湿することです。
食事面では、たんぱく質を含む肉や魚、抗酸化ビタミンを含む緑黄色野菜をとることです。たんぱく質は体内でアミノ酸に分解され同時に抗酸化ビタミンも取り込まれることでコラーゲンを作る原料となります。
またビタミンCには、過剰な皮脂の分泌をおさえ肌のバリア機能を高める効果が期待できるので積極的に取り入れましょう。

 

いずれの毛穴トラブルも、大切なのは基本のスキンケアです。きちんと洗顔し、しっかりと保湿しましょう。また睡眠不足やストレスの多い生活も毛穴にとっては大敵です。いくらきちんとスキンケアをしていても、生活習慣が乱れていては効果はありません。規則正しい生活を心がけましょう。

 

30代の肌にはプラスアルファのケアを

30代の毛穴トラブルは、乾燥と加齢が大きな原因です。20代に比べてターンオーバーの周期も長くなっているので、ケアをしていても効果がなかなか感じにくいもの。だからこそ、長期的に外側からと内側からのケアが必要です。
ケアナノパックは、夜塗って寝ている間に毛穴ケアができてしまううれしいアイテムです。うるおいと引き締めを実感できる美容成分がたっぷり含まれているので、これ1本で完了してしまう優れもの。
30代の肌はこれまで通りのケアだけでは少し足りなくなってしまう時期です。基本に追加したケアで、年齢にとらわれない美しい肌を手に入れましょう。